坐骨神経痛

整形外科で坐骨神経痛と言われているその痛みとシビレ、整骨院や整体でちっとも良くなっていないあなたへ

◇こんなお悩みありませんか?

  • 座っているだけで足に強い痛みが出て辛い
  • 足の痛みが辛くて5分と立っていられない
  • 歩くことも足の痛みで出来ない、シビレも強くなってくる
  • 痛み止めを処方されているけど、効果がない
  • 電気を流したり、マッサージを受けていても良くなっていない
  • 鍼治療を受けているけど、良くならない

坐骨神経痛、どのくらいで良くなるの?

坐骨神経痛を患っている時間が長ければ長いほど、もう治ることはないのではないかと半ば諦めているかもしれません。良くなるとしたら、どのくらいで良くなるのか気になるところですよね。

どのくらいで良くなるのかは出ている症状や求めることによって変わってきます。

あくまで目安になりますが、症状が強い方だと半年から1年、軽度の方は3か月くらいの通院で良くなることが多いです。

「症状が強いと半年から1年もかかるの!」と、もしかしたらびっくりされたかもしれません。坐骨神経痛をきちんと良くしようすると、骨格の歪みも考える必要があります。この骨格から良くしていくには時間が必要になるのです。

坐骨神経痛に対するえふく整体院のアプローチ

えふく整体院では、坐骨神経痛を根源からきちんと改善していくことを目指しています。あなたの体をどのように変えていけばいいのか、しっかりとお話を伺い、検査を行います。

あなたの坐骨神経痛をきちんと改善していくための見立てに基づいて、施術を行います。初回お試しキャンペーン期間内は、体験版の施術をお受けいただいております。

坐骨神経痛からくる痛みやシビレは本来、あなたの持つ自然治癒力によって良くなっていくはずのものです。その自然治癒力が発揮されていないのは、あなたの体の中で妨げている要素が必ずあります。その、妨げている要素を取り除いてあげれば、あなたの坐骨神経痛はあなたの自然治癒力によって良くなっていきます。

坐骨神経痛で当院の施術を受けられている患者様たちは、

  • 下半身のインナーマッスルがちゃんと動ける状態にしたら痛みが大きく軽減した。
  • 背骨の動き方から施術をしていったらシビレが取れた。

など、多くの改善例があります。

あなたが本来もっている自然治癒力を引き出すために必要なことは、電気を流すことや、軽いマッサージをすることや、バキバキする施術をすることではありません。ましてや痛み止めを飲み続けることや湿布を貼り続けることでもありません。

あなたの足の痛みを改善させていくには、背骨からアプローチする必要があるかもしれません。

あなたのお尻の痛みを改善させていくには、足のインナーマッスルにアプローチする必要があるかもしれません。

あなたのシビレを改善させていくためには、骨盤の関節にアプローチする必要があるかもしれません。

坐骨神経痛が良くならない理由

坐骨神経痛がこれまでの治療や施術で良くならなかった理由は二つ考えられます。

理由の一つ目は、レントゲンやMRIにあります。坐骨神経痛で整形外科にかかると、多くの場合はレントゲンを撮ったり、MRIを撮ったりします。そこで診断の際に注目されるのは背骨や、椎間板という背骨と背骨の間にある軟部組織です。

これらのどこかで神経が圧迫されているのではないか?という発想で撮影した画像を見て治療をしていきます。このときにヘルニアや、椎間板が狭くなっている、潰れているような状態が見つかると、そこで神経が圧迫されていることが原因として坐骨神経痛を説明されます。

しかし、本当に神経が圧迫されていることが原因であれば、痛みやシビレだけでなく、感覚が鈍くなる、力が入らなくなるなどの症状も出るはずです。そして、筋肉自体に萎縮といって縮んでしまうような状態も見られるはずです。坐骨神経痛でそのようになることは実際にはありません。

整形外科では坐骨神経痛と診断して、神経そのものが圧迫されたことが原因としてそのための治療を行います。でも、本当の原因が違っていたら、その治療は的が外れたものとなり、効果が見られないことになります。

実は坐骨神経痛で考えなければいけないのは神経の圧迫ではありません。神経が引っ張られる状態が何らかの理由で体の中に出来てしまうと、神経の痛みが出てしまうのです。

何らかの原因というのはヘルニア、脊柱管狭窄症、仙腸関節の動きの悪さ、筋肉の過度な硬さが主なものになります。

お尻や足が痛くなる場合に「ヘルニアが原因ですね」や「脊柱管狭窄症が原因ですね」と診断されることがあります。

これはもう少し詳しく言うと「ヘルニアで坐骨神経になる神経が引っ張られる状態になっていますね」「脊柱管が狭窄して坐骨神経になる神経が~」ということになります。

理由の二つ目は、そもそも治療方法が違っているということです。

あなたがこれまで受けて来て、効果が無かった治療を思い出してください。電気を流す、シップを貼る、なでるようなマッサージ、温める治療、ハリ治療、お灸…あなたが坐骨神経痛を治すためにやらなければならないことは、神経が引っ張られている状態を解消してあげることです。体の深い部分にある骨格の状態や、筋肉の状態を変えていくためには不十分なアプローチ方法であることをイメージできるでしょうか?

神経は刺激を受けるので、一時的には痛みの感覚が誤魔化されて楽になる可能性はあります。しかし根源的な部分を変えることは出来ないので、すぐに痛みが戻ってしまいます。

あなたを悩ませている坐骨神経痛を根源から変えていくには、体の深い部分にある骨格の状態や、筋肉の状態を変えていくことが必要です。

◇坐骨神経痛とは?

以下のような症状は坐骨神経痛の可能性があります。

  • 太ももに痛みがある。
  • お尻から足(太ももの後ろや外側、スネの外側やふくらはぎの外側、足部や足先)にかけて痛みやシビレがある。
  • 足の付け根部分、尾てい骨の周り、お尻の奥に痛みがある。
  • 腰痛持ちで足にシビレがある。
  • 体を動かしたり、歩いたりするとお尻から足にかけての痛みやシビレが強くなる。

このような症状が出ている場合で整形外科に行ったことがない場合はすぐに受診することをおすすめします。レントゲンやMRIで状態を確認することは大切だからというのが理由です。改善するかどうかはこれまでお話させていただいたとおり、別の話になります。

もしあなたが、当院の考えに共感していただけるとしたら、坐骨神経痛を改善させていくパートナーとして当院をお選びいただけましたら幸いです。

患者様の声

今では痛みなく歩けています。

新潟市 南雲様 症状: 坐骨神経痛

若いときから繰り返す坐骨神経痛で長年悩んでいました。歩くのも痛くて大変で整骨院や整体を何件も渡り歩いている状態でした。

根本治療をうたっているところばかりを選んで通っていましたが、私には合わなかったのか結局私の坐骨神経痛は良くなりませんでした。地元では目ぼしいところが無くなり、もう痛いままかと思っていたところ、えふく整体院は親戚から話を聞いて知りました。

遠方でしたが何とか坐骨神経痛の痛みを治したいと思って思い切って予約を取ってみました。今まで聞いたことがない理屈で坐骨神経痛の原因からしっかり良くしていく治療に魅力を感じたので頑張って通ってみることにしました。

半年ほど通院しました。
今では痛みなく歩けています。遠方ですが頑張ってよかったです。

すがる思いでこちらに通い始めたところ痛みが少しずつ楽になってきています。

蕨市 原様 症状: 坐骨神経痛

えふくさんのことは知人から聞いて知りました。私は何年も前から坐骨神経痛で、病院で電気をかけてもらったり、マッサージしてもらったり、痛み止めを飲んだりしていました。全然よくなりませんでした。
すがる思いでこちらに通い始めたところ痛みが少しずつ楽になってきています。自宅でのケアも教えてもらいました。もっと良くなりたいので頑張ります。

キャンペーン

4月20日までのご予約

先着 5 名様限定
問診 + お試し施術3回セット
1,980円
(通常1回 8,500円)

残り3

  • ボタンタップで050-5360-8943に電話がかけられます
  • 予約フォームはこちら
  • LINEお友だち登録はこちら

※予約状況によってはご希望に沿えない場合もございます。
予めご了承ください。

  • 電車でお越しの場合
  • バスでお越しの場合
えふく整体院
住所 埼玉県蕨市塚越7-31-9
TEL 050-5360-8943
受付時間 AM10:00~PM8:00
定休日 木曜午後・日曜

このページのトップへ戻る